鍛造削り出し

婚約指輪と結婚指輪の意味合いを
一つの輪に託して交わし合う

鍛造削り出し

メッセージ

クリスチャンバウアー社の指輪はこうした背景から造られている。

クリスチャンバウアーの指輪の定義とは?

■ 指輪に秘められた重厚感の意味

指輪を手に取るとしっかりした重厚感が感じられます。
これは地金をくり抜き繋ぎ目のない地金を独自の工業系の鍛造削り出しによって仕上げられているからです。
つまり極限まで地金の密度が高められている証。
永く使う指輪にはデザインよりまず基本の真円のベースが必要不可欠と考えているからです。

■ 指輪に隠された形状の意味

指輪の内側に触れると今までに体感した事のない絶妙な滑らかさを感じます。
それはマイスターの手によって削り磨き込まれた内甲の存在。
指通りだけでなく、指にかかる負荷を分散し毎日身につけていられるようにデザインごとに緻密な計算されている証。

■ 指輪に宿る厚みの意味

指輪を側面から見るとある程度の厚みがお分かり頂けると思います。
心地良いと感じる幅・厚みは男女で異なります。
一見デザイン重視で選びがちな結婚指輪だが、
永く使用する為に耐久性も計算された必要な厚みの証。

Exif_JPEG_PICTURE

際立つ鍛造の溝の輝き

動画の指輪は1977年のモデル。
既にこの時代でこれだけの削り出しの完成度の高さ。Diaの輝きとはひと味違い素材だけでも充分に楽しめる。

限りなく真円を立証

動画の指輪は10年間使用のオーナーの私物